9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと 感想

4年目にして完結…しなかった。
また1年後にクソ短いFDでも出すのかね。
このメーカーは売り方がゴミだからゲームは買えどもグッズ等は一切買わないようにしてる。

nineyukiiro

おもしろいかおもしろくないかで言えば、可もなく不可もなくといったところ。
正直前作のよくわからない「君と彼女と彼女の恋。」の二番煎じかと思わせる展開には辟易していたのだが、まさか今作でそれを前面に出してくるとは。
既出の展開には全く惹かれないんだよね。
1作目2作目のように敵倒してヒロインと結ばれて終わり、で良いのでは?と。
ととのプレイしていなければ、これはなかなか斬新だ、なんて思ってしまうのかもしれないけど。
ヒロインの描き方が声優の演技とマッチしているので、キャラクター性は抜群なのだが。
普通にキャラゲーとして出しておけば良かったのに、余計な要素を入れたがために自分の中でのこの作品の評価がガクッと落ちた。

nineyukiiro3

「記憶をインストールする」という選択肢?が出てきた時には崩れそうになったけどね。
これ必要なのか?と。
主人公がこちらに語り掛けてくるのも意味が分からなかったし
どうせならヒロインに語り掛けてほしいわ。
蘇るミユ(ry。

と問題点はここまでにしていおいて。
肝心の希亜ちゃんの魅力について。
ツンデレとはまた違うのだが、デレた時は普通に可愛い。いやかなり可愛い。
いやだから前作までの3人もそうだけどキャラクターでガン押しできるでしょ…。
なんで余計な要素入れるかなぁ。
きまテンやきみめざの時もそうだったが、毎回言ってるけど何かが足りない。
問題が簡単に解決しすぎるせいなのか…。
正直これらの作品を絶賛する人たちの気持ちがわからないんだよね。
記憶に残らないというか…。
ずば抜けた何かを作品から感じない
良くも悪くもキャラデザ・原画におんぶにだっこなのか…?
和泉つばす氏、鈴平ひろ氏、きみしま青氏…。
ライターが本当に書きたい世界観に原画や作品の雰囲気が合っていないような気がする。
毎回毎回惜しいと感じてしまう。
全くつまらないわけではなく、むしろ面白いのだが、神ゲーとなりえない。
プレイしているこちらがもどかしい。

nineyukiiro2

とまた問題点の羅列になってしまった。
そう、希亜ちゃん可愛い!最高!
なのに、この作品のメインって希亜ルートじゃない…。
あのルートで起こったことが全ての枝に良い方向で影響する…。
ふーんなるほど。
わからないわけではない。
だが、この展開は見飽きた。
まるで「BALDR SKY」のノインツェーンを倒した後の世界ではないか。
だから既出の展開に(ry。

もっと希亜ちゃんメインの作品であってほしかった。
希亜ちゃんとイチャつきまくる展開を予想し、そしてイーリスを倒すことのメインは希亜であるだろうと思っていた。
しかもまだ完結していない。
おそらく都ルートの続きではないかと思うのだが、そこであの全員の展開を持ってきても…。


全体として

また続きは1年後ですか。
まだね、半年に1本宿ガル出してるmiraiの方がマシ。
正直4年も経っていたら都ルートのことなんて覚えていないのだが。
本当にこのメーカー売り方がゴミ。
こんなクソ短い作品で一年持たしてるのだから。
サントラですらイベント限定販売でプレミア化。
この作品に貢ぐ人の気が知れない。
このシリーズのような作品が売れてしまうという現実を憂う。