Secret Agent 〜騎士学園の忍びなるもの〜 感想

期待していた通りの内容。
コンセプトとキャラクターの可愛さで予約したのだが、それは正解だった。
この作品にネガティブなコメントをしてる連中はマジで見る目ないよ。

secretagent


ensembleということで安定の期間限定DLコンテンツ。
それに踊らされてる自分たちユーザーもアレだけどさ、Willplusは本当に売り方どうにかしてくれ。
Guiltyといいあからさますぎる。
コンテンツの内容に自信があるし売れるからそういった売り方ができるんだろうけど。

愚痴はここまでにして、内容の感想に入る。
主人公の忍者設定はちょっとしたスパイスのようなモノ。
それがメインではなく、物語を円滑に進めるための設定だね。
主人公があまり苦戦せず、物語がサクサク進んでヒロインとの関係の進み方が深く描かれているという点で高く評価している
ヒロインが戦うというのもヒロインの良さをより引き出すことができて良い。
ゆいENDを除いて高く評価している。
また、Hシーンにも力が入っていて、そこもポイントが高い。

カノン

最初から好感度MAXみたいなヒロイン。
活発で明るいヒロインではあるが、うるさすぎないので不快感はない。
ただ、親父を出してくるのは微妙だったかなという印象。
よくある展開ではあるのだが、微妙であると言わざるを得ないだろう。
ヒロインが可愛いのに、安易な展開に持っていってしまったかなと。
明るいヒロインに心配性の親父…合わないこともないのか?

secretagent3

神楽

彼女のデレ具合が素晴らしい。
ルートに入った瞬間ヒロインとしての魅力が全開になる。
ツンデレというわけではないのだが、こっちがデレそうになるわね。
主人公と一緒に訓練するという展開は他のルートでもあるのだが、神楽ルートが一番よく描かれていた。
なかなか一歩踏み出せないというのもこちらの庇護欲を駆り立てる
こんな彼女が欲しいですね。
この子が一番好きかな。

secretagent4

会長ヒロイン。
リードしてくれそうな感満載。
実際しっかり者ではあるのだが、敗北を喫して主人公を頼るという点でかなり可愛かった。
ルートの終わり方としては、先生関連で都合の良い展開感が強くて少し違和感があった。
ヒロインは魅力的なので何も気にしないのだが。
お姉さんと女の子のバランスが取れていたように思う。

secretagent2

ゆい

このルートがダメだったかな。
双子設定はまだ良いにしても、最後の終わり方。
ほとんど出ていなかったサブオブサブのAIが…?
本当に全てが無駄になったような気がした。
ヒロインは荒廃ヒロインにしては珍しく面倒くさくなかったので、高評価だったのだが。
本当にもったいない。
キャラゲーにおいて物語の展開という意味でのシナリオはあまり重視していないのだが、ここまで酷いとヒロインの魅力自体も霞んでしまう
このルートを書いたライターだけセンスがなかったね。

secretagent1


ゲームとして

キャラゲーにおいては、ヒロインの魅力をいかにして描き切るか、ということが最も重要であると考えている。
そういった意味で、今作では神楽ルートを一番高く評価している。
見事に二人の関係を深く描くことができている。
無論カノンも舞のルートもそれなりの評価はできる。
ただ、神楽ルートはずば抜けていた。
ゆいルートは酷いが、ヒロインは可愛く描けていただけに非常に残念である。
最後のネタバラシ的なアレは、全然あって良かった
キャラゲーにこんなところで文句を言うことがナンセンス


全体として

細かいことを挙げれば確かに粗いところもあるのだが、全体的には非常に良いキャラゲーだった。
今期の新作で言うと、SHUFFLE2と比較するとその良さがはっきりする。
神楽の抱き枕カバー買うべきかかなり悩んでる。
ensembleのゲームはあまりやっていないので、乙女シリーズを中心にプレイしてみたいところ。
次回作にも期待したい。